コンテンツへ
ナビゲーションを開く

世界敗血症デー (World Sepsis Day)

いかなるタイプの感染症も敗血症を引き起こす可能性があります

毎年、3000 万人が敗血症を発症し、900 万人が死亡しています。敗血症は、感染に対する生命を脅かす反応です。あらゆるタイプの感染が原因になり得ます。特に早期の認識や迅速な治療がなされない場合、ショック、多臓器不全、および死亡につながる可能性があります。

敗血症の症例数は劇的に増加しています。Global Sepsis Allianceは、敗血症の入院が過去 10 年間で倍増したと報告しています。また、大半の敗血症は院内感染と関連していますが、国際的調査によると、敗血症患者の 20 〜 40%が院外で敗血症を発症すると推定されています。

3000万人

毎年、敗血症を発症しています

900万人

死亡しています

20~40%

院外で敗血症を発症しています

早期に発見できれば、敗血症は治療が可能です。症状を把握しましょう。

発熱、震え、悪寒

息切れ

冷たく湿潤した皮膚

非常に強い痛み

錯乱または意識障害

皮膚蒼白、または変色

成功のためのシミュレーション

シミュレーション トレーニングによって、医療従事者は敗血症を正確に診断して治療を行えるようになります。 シミュレーショントレーニングを用いた標準的な重症敗血症の特定、高リスク患者における敗血症の認識、敗血症とその他の状態の識別、敗血症性ショックの評価と治療は、シミュレーショントレーニングの学習目的のひとつです。