コンテンツへ
ナビゲーションを開く

vSim® for Nursingは、看護学生の臨床的推論スキル、コンピテンス、自信を育てる一助となります

バーチャルシミュレーション

看護シミュレーションによる教育の変革

バーチャルシミュレーションのシナリオを使ってトレーニングすることで、学生は患者ケアを実践しながら臨床的推論スキル、コンピテンス、自信を育てていきます。レールダル メディカルとWolters Kluwerの共同開発によるvSim for Nursingは、忠実性の高い患者シミュレータを使ったトレーニングを実施する前の準備に役立ちます。看護学生は、安全で現実的な環境の中で優先順位付けや、臨床的推論スキル、意思決定スキルに磨きをかけることができます。

全米看護連盟(NLN)が作成したシナリオを採用した vSim for Nursingは、以下を対象とするバーチャルシミュレーションソリューションを提供します。

以下の製品は日本未発売となります。

  • 内科-外科
  • 産科
  • 薬理学
  • 小児科
  • ヘルスケア アセスメント
  • 老年学
  • メンタルヘルス

コンサルテーションやデモをご希望の方へ

実際の患者に対応するフルスケールシミュレーションの準備段階としてvSim for Nursingを使用した学部からのレポートでは、より安心してシミュレーション室で同様の患者に対面できたほか、より複雑で総合的な精神運動スキルを伴う実際の患者に対応するシミュレーションにおいて、学生のパフォーマンスが向上したことが示されました。

さまざまなvSim for Nursingコース、インストラクター用ツール、使用モデルについてご案内させていただきます。

当社は、プライバシーポリシーに則り、お客様の個人連絡先情報を慎重に取り扱います。